スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ:シンデレラ@新国立劇場

DSCF2299_convert_20101206012102.jpg
新国立劇場玄関

本日は新国立劇場で上演中のシャルル・ペローの童話「シンデレラを友人のYさんと観に行きました。


DSCF2301_convert_20101205150619.jpg

クリスマス・シーズンのバレエは、「くるみ割り人形」など世界中の人々に親しまれている作品が上演されているので、初めてバレエを観る方も楽しめると思います

シンデレラの衣装    ガラスの靴
展示されているシンデレラの衣装   劇場内ショップの可愛らしい携帯ホルダー

DSCF2303_convert_20101207100121.jpg
劇場内でメイクのサービスを受ける女の子

===
幕が上がった瞬間、観客は童話シンデレラの世界に引き込まれます。
イギリスの振付家アシュトンのテンポの良い振付と、プロコイエフの流麗な音楽が溶け合います。
宮殿の舞踏会、ガラスの馬車など、ため息の出るような場面が豪華に演出されていました。
面白かったのは意地悪な義理の姉たちを男性ダンサーが演じる場面です。コミカルな、メイク、衣装、振付で舞台が沸きました。
また、 魔法使いのお婆さんの代わりにとても美しい仙女(女性の仙人) が現れ、目を楽しませてくれました。
シンデレラ役のさいとう美帆は慎ましやかで美しいシンデレラを好演。繊細な表現が素晴らしいダンサーです。王子役のマイレン・トレウバエフは容姿も王子様にピッタリ


==
意地悪なお姉さんたちが舞踏会に出かけてしまい、ひとり寂しく留守番をしているシンデレラの前に仙女が現れます
魔法の杖を振ると・・
DSCF2309_convert_20101205151100_convert_20101206011615.jpg
かぼちゃが立派な馬車に、シンデレラのみすぼらしい服は輝くドレスに、ねずみたちが御者に変わります。

「舞踏会に行ってらっしゃい。でも、十二時の鐘が鳴る前に帰ってくるのですよ。」

しばし、ファンタジックな世界へ


シンデレラ Cinderella 新国立劇場12月1日
芸術監督   デヴィッド・ビントレー
振付     フレデリック・アシュトン
指揮     デヴィッド・ガルフォース
シンデレラ  さいとう美帆(11月27日 12月1日)
王子     マイレン・トレウバエフ(11月27日 12月1日)

アクセス 京王新線新宿駅より1駅、初台駅中央口直結


テーマ:音楽
ジャンル:バレエ
スポンサーサイト
プロフィール

kyoko

Author:kyoko
FC2ブログへようこそ!
出会い・ふれ合い・高め合いをテーマにホスピタリティのある場所、事柄をご紹介します。
東京都出身。

※画像は著作権範囲内で使用しています。
※本ブログ内の記事、写真等について、無断での使用、転載はご遠慮願います。       

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。