スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この一冊:「イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る/デービッド・アトキンソン」~日本経済を今までとは違った視点から見る

イギリス人アナリスト日本の国宝を守る
イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る/デービッド・アトキンソン


昨年10月発売。
年末に買い求めたが、本日ようやく読了。
伝説の英国人アナリストが日本再生の秘策を提言している。 

著者デービッド・アトキンソン氏は京都在住。日本全国の国宝や重要文化財を補修する小西美術工藝社社長であり茶道家でもある。
かつて世界最大級の名門投資銀行で銀行アナリストとして活動し、日本の金融行政の実態をレポートして金融業界に大きな影響を与えた。そのアトキンソン氏が日本の観光産業を分析している。

第四章のホスピタリティの語源に関する言及について、引用の明記が無かったものの、ホスピタリティの第一人者である服部勝人氏の考え方が普遍的になってきたと歓迎しながら、日本経済を今までとは違った視点から見ることができた。


テーマ:この一冊「イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る/デービッド・アトキンソン著」
(講談社+α新書)840円
ジャンル:アート・おススメ本
スポンサーサイト

「眠るジプシー女」@モマ

眠るジプシー女@MoMA
「眠るジプシー女」1897年 ルソー MoMA所蔵 10月3日撮影

おはようございます

放射冷却ばっちりの冷たい空気です。
今日も
「kyokoの自由が丘♪」,御覧頂きまして
ありがとうございます。(^-^*)

◆◇◆◇◆◇◆

アンリ・ルソーの作品は岡山の大原美術館、箱根のポーラ美術館、
上野の東京国立近代美術館など
でも楽しめる。
いずれも遠近法がないのが印象的。
ルソーの代表的な作品のひとつ、「眠るジプシー女」。
実際はもっとビビッドな色遣い

横になって一日の疲れをいやす女性。
漂うリラックスしたムードがE感じ
ライオンが女性に寄り添い、優しく見守っているように見える

鮮やかな藍色のグラデーションの夜空に月が 輝く
河の向こうに山が連なる幻想的な荒野。

女性が眠りから覚めたら、
静かに流れる河の音を聞きながら
携えているマンドリンでポロロ~ンと
奏でるのかなぁ。

MoMA 外観
ニューヨーク近代美術館
日本人建築家・谷口吉生氏によリ2004年リニューアル。

皆様、よい1日を

※関連記事 ☆ニューヨーク近代美術館(モマ)~近代アートならおまかせ♪ 
※関連記事 実践マナー:美術館などで ~お出かけ編♪


The Museum of Modern Art (MoMA)

テーマ:「眠るジプシー女」~MoMA所蔵
ジャンル:アート
拍手とコメント、ありがとうございます♪

☆ニューヨーク近代美術館(モマ)~近代アートならおまかせ♪

MoMA 外観
MoMA 外観 2011年10月

おはようございます。

一挙に季節らしく涼しくなりました。空気が澄んでいます。
==
追記maharasa様はじめ、皆さま拍手とコメントをお寄せ頂きありがとうございます!励みになります(^^*)♪
機会ががあれば、あなたもMoMAへ是非お出かけください


 10月始め、遅めの夏休みでクーニング展が開催されている
マンハッタンの近代美術館 (モマ)を訪れた。
ビジネス街であるミッドタウンに位置し、
世界のモダンアート を見せてくれる。


Kooning.jpg
制作中のクーニング


Kooning+Woman,1_convert_20111027011848
クーニング「Woman,1」
Kooning+Shop_convert_20111027160414.jpg
クーニング・ミュージアムショップ

4階と5階の常設展にも行ってみた
Gogh The Stary Night
ゴッホ「星月夜」はモマ・コレクションの中で最も有名な作品。
自らの耳を切り落としたあとに描かれた絵。


Chagall.jpg
シャガール「私と村」


Picasso Avignon
ピカソ「アヴィニヨンの娘たち」


MoMA 中庭3
中庭1

MoMA 中庭2
中庭2

2004年に日本人建築家・谷口吉生氏によリニューアルオープン。
ミュージアムショップは東京・原宿にもある。
それも踏まえ、実際に訪れ、世界中の人々に愛されている美術館であることを体感した
今後も楽しい企画展を見せてくれることだろう

The Museum of Modern Art (MoMA)

~See you!~

※関連記事 「眠るジプシー女」@モマ  
※関連記事 実践マナー:美術館などで ~お出かけ編♪
※関連記事 ゴッホ展~こうして私はゴッホになった


テーマ:ニューヨーク近代美術館
ジャンル:アート

この一冊:「夢十夜 / 夏目漱石」~夏を”エコ”に過ごす

marine world uminonakamichi
マリンワールド 海の中道@福岡県

おはようございます。

今年は男性用日傘も売れているようですね。
☆:*。・*☆:*。・*☆:*。・*☆:*。・*☆:*。・*☆:*。・*☆

夢十夜 j夏目漱石
「夢十夜」/夏目漱石著


暑い夜には背中がゾワッとするような
怖い本は如何でしょう?

夏をエコに過ごすこの一冊 漱石の「夢十夜」は
短編で、10個の夢の話が綴られています。
各編すべて、「こんな夢を見た。」で始まります。
第一夜から第十夜まで。挿絵入り

「第三夜」はこんな感じ。

~暗闇の中で私は6つになる子供をおぶっている。
我が子には間違いないのだが、いつの間にか目がつぶれて
青坊主になっている。
「お父さん、重いかい?」「今に重くなるよ」
「ちょうどこんな晩だったな…」「こっちの道へ行く方がよいだろう」など~


おぶられている6歳の子供が、
独り言のように親に対等な態度で大人の言葉づかいで話しかけてくる。
しかも石のかたまりのような青坊主に変身 父親の心境もお見通し。

漱石の晩年の、ものの哀れ、洒脱さなど感じとれます。
エコ&暑気払いにお手にとってみては如何でしょう?


「夢十夜」 夏目漱石著


テーマ:この一冊~夏を”エコ”に過ごす
ジャンル:アート・本

ゴッホ展~こうして私はゴッホになった

本日は友人のIさんとアート散歩。六本木の国立新美術館へ "没後120年ゴッホ展~こうして私はゴッホになった"の鑑賞に出かけました。

国立新美術館
国立新美術館 設計 黒川紀章

ゴッホ  ゴッホ2
「灰色のフェルト帽の自画像」 1888年 ファン・ゴッホ美術館@アムステルダム
点描で塗り固められ、強いまなざしと固く結ぶ口元が印象的。2年間で23点の自画像を描きました。

没後120年を記念して開催されている今回の「ゴッホ展」は、 ~こうして私はゴッホになった~ というサブタイトルのとおり、作品だけでなく、偉大な作品を生み出すまでの課程に触れることのできる展覧会です。

オランダでの修行時代、パリに出て印象派に出会った時代、そしてアルルなどの南仏時代。
37歳でその生涯を閉じるまでの短いけれど波乱に満ちたわずか10年の活動期間。傑作といわれる作品は晩年の2~3年に集中していることも知りました。
単にゴッホの作品を並べるだけでなく、ゴッホに影響を与えたロートレックスーラといった印象派作品を比較展示したり、ゴッホ自身が収集し、彼の作品に影響を与えた浮世絵を展示するなど、 「ゴッホがいかにしてゴッホになったか」をひも解くヒントがちりばめられていました

アルルの寝室   アルルの寝室 原寸大
「アルルの寝室」1888年 ファン・ゴッホ美術館  原寸大で再現。見どころのひとつ。


Gogh アイリス ショップ
「アイリス」1890年 ファン・ゴッホ美術館     ミュージアムショップのお土産

いずれの作品も力強い息吹を感じる

ガチャガチャ  ゴッホのガチャガチャ アイリス
ゴッホ作品のガチャガチャ 全7種 1回300円 そして出てきたのがこちら。「アイリス」

                  
※関連記事 ☆ニューヨーク近代美術館(モマ)~近代アートならおまかせ♪
※関連記事
実践マナー:美術館などで~お出かけ編♪


ゴッホ展

2010年10月1日~12月20日(月)
新国立美術館(東京・六本木)千代田線乃木坂駅直結、大江戸線・日比谷線六本木駅徒歩6分
10:00~18:00(金曜日は20:00迄)
休館日:火曜日
入館料:一般1,500円
そのほか、福岡、名古屋でも開催。



テーマ:ゴッホ展
ジャンル:アート
プロフィール

kyoko

Author:kyoko
FC2ブログへようこそ!
出会い・ふれ合い・高め合いをテーマにホスピタリティのある場所、事柄をご紹介します。
東京都出身。

※画像は著作権範囲内で使用しています。
※本ブログ内の記事、写真等について、無断での使用、転載はご遠慮願います。       

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。